借金返済前に利息計算のシミュレーションを

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済前に利息計算のシミュレーションを

消費者金融や銀行のカードローンで借金をした場合、元金に利息を上乗せして返します。その金利の上限は利息制限法という法律で決められていて、10万円までなら20%、10〜100万円なら18%、100万円を超える場合は15%までの金利とすることになっています。
もしこの金利を超えていたら、違法なので債務者は超えた金利分は払う必要がありませんし、債権者側は行政処分の対象となります。
以前は利息制限法を違反した場合の処分が弱く、20%を超える金利をつけていた業者がたくさんありました。利息制限法改正施行前の平成22年以前の借金が残っている場合は、金利の引き直し計算を行うと、実はすでに完済しているケースや過払い金として払い過ぎたお金を回収できる可能性もあります。心当たりのある人は、弁護士や司法書士に相談してみてください。
ところで、金利は業者によってさまざまですが、金利の違いがどのように借金の返済に影響するのでしょうか。実際に50万円を金利18%と15%で借りた場合を比較してみましょう。1万円ずつ返済していく場合、金利18%なら完済まで7年10ヶ月かかり、返済総額は約93万1000円になります。それに対し、金利15%の場合は、6年7ヶ月かかって78万9500円を返す形になります。たった3%の違いですが、総額でいえば15万円近く違う計算になります。また、同じ15%でも2万円ずつ返済していった場合は、2年7ヶ月で約60万3000円を支払う計算になり、1万円ずつ返済した場合に比べて、20万円近く安く済みます。
このような計算は、自分ですると結構大変ですが、インターネット上にある借金返済シミュレーションを利用すると、簡単に計算結果がわかります。
借金をする場合は、なるべく月あたりの返済額を高くすると、支払総額を抑えることができます。事前にシミュレーションで返済額を計算しておくと、かなり参考になるでしょう。

 

乳酸菌サプリが良かった。
善玉菌を補うなら乳酸菌サプリが効果的!