借金返済における過払い金とは

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済における過払い金とは

以前はサラ金と言うと、取り立てが厳しく金利が高いという暗いイメージがありました。今は貸金業法の規制で、過酷な取り立てがずいぶん減ったようです。また、利息制限法や出資法の改正で、合法的な消費者金融は金利も下がりました。
もともと利息制限法では、貸金業者が定める金利の上限を、10万円までなら20%、10〜100万円なら18%、100万円を超えるようなら15%と決めています。この金利を超えた金利をつけることは違法で、取りすぎた利息は元金の返済にあてることになっています。
ところが、以前は利息制限法違反の罰則がゆるく、出資法の上限金利29.2%までの高金利で貸している業者がほとんどでした。法律の改正・施行が2010年からですので、それ以前に借りている人は、利息を払いすぎている可能性が高いのです。
あてはまる人は、一度正しい利息で引き直し計算をしてみてください。場合によっては、払いすぎた利息の分で元金を完済し、さらに余りが出ていることもあります。その余った分のお金=過払い金は、請求して返還してもらう権利があります。
これは現在返済中の借金に対してだけではなく、すでに完済して終わっている借金についても同じです。過払い金の請求についての時効は10年なので、利息制限法の上限を超える金利で借金をしていた人は、ぜひ返還してもらいましょう。
ただし、直接、消費者金融の業者に「過払い金を返してほしい」と伝えても、言を左右にしてなかなか払ってもらえません。過払い金の請求訴訟自体は、それほど手続きは難しくないのですが、そのようなこともあるので、弁護士か司法書士を代理人として手続きを依頼するのがいいでしょう。

 

福岡県のセルライト除去エステ
福岡県にあるおすすめセルライト除去エステ★