借金での自己破産なら保証人はどうなる?

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金での自己破産なら保証人はどうなる?

借金の返済に追われていて、これ以上は返せないというときには、債務整理を行います。中でも自己破産、これ以上借金が返済できないという状態であることが認められたうえ、免責が許可されると、借金返済の義務もなくなります。それでは、債務者の保証人や連帯保証人になっている人は、債務者が自己破産するとどうなるのでしょうか。
結論から言うと、免責で返済義務がなくなるのは債務者本人だけなので、債権者は保証人・連帯保証人に対して借金の督促を出すことになるでしょう。たとえ免責が降りなくても、自己破産した段階で返済できないのは明らかなので、保証人や連帯保証人に返済を求めてくると思われます。
多くの人が保証人や連帯保証人には、家族・友人・親戚など親しい人を選んでいます。だからと言って、保証人に遠慮をして自己破産を伸ばしても行き詰るだけですが、自己破産の手続きをとるときは、事前に連絡をしておきましょう。自己破産をしている人の約10%が、他人の借金の保証人や連帯保証人になっていたという統計もあります。自己破産で迷惑をかける旨を伝えるのは辛いかもしれませんが、いきなり督促を受けて寝耳に水ということのないように、きちんと謝罪をしておきましょう。
また、自分が保証人や連帯保証人である場合も、このように借金を丸被りする危険性があるということは認識しておく必要があります。

 

酵素ドリンクの通販ショップ
酵素ドリンクの通販売れ筋ランキング☆