債務整理の種類は?

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

債務整理の種類は?

借金の返済が生活に重くのしかかり、このままでは返済できなくなる――そういう状態なら、そのままどうにもならなくなるまで待つのではなく、債務整理を行って借金の負担を軽くするべきです。
債務整理には主に5つの方法があります。第1は任意整理で、債権者と直接話し合いで、金利や毎月の返済額を下げてもらいます。債務者本人ではなかなか交渉のテーブルについてもらえないため、弁護士か司法書士に依頼することになるでしょう。
第2は特定調停です。任意整理と同じで、債権者と交渉して金利等を下げてもらう方法ですが、裁判所に申し立てをして、裁判所の調停委員に間に入ってもらうところが違います。
第3は自己破産です。自己破産が認められ、免責の許可がおりれば、借金を返済する義務がなくなります。ただし、最低限の現金や生活に必要な家財道具以外の家・車・預貯金などの財産は、換金して債権者に分配されます。メリットもデメリットも大きな方法で、月々の返済額が収入を超えてしまったような、どうにも返済しようのない状況になった場合の最後の手段と言えます。
第4は個人民事再生です。住宅などの財産を残しつつ、借金の元金を大幅に減額する方法です。減額した金額を基本3年の分割払いで返済していくため、定期収入のない人は利用することができません。
第5は訴訟です。と言っても、契約書を交わして借金をしているため、無効にできるのは法で定められた上限金利を超えた部分の金利だけです。高金利で何年も返済を続けている場合は、過払い金返還請求で払いすぎたお金が戻ってくることが多いです。
以上の方法のうち、どれが良いのかは自分の借金額や金利、収入の状況などによっても違います。まずは無料の法律相談などで聞いてみてはいかがでしょうか。

 

グリーンスムージーを朝食にする
グリーンスムージーには女性に嬉しいメリットがいっぱい♪