金融監督庁の借金取り立てに関するガイドライン

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

金融監督庁の借金取り立てに関するガイドライン

金融監督庁は、消費者金融等の貸金業者が借金の取り立てをする際のガイドラインを策定しています。このガイドラインは、主に債務者に不利益が無いように禁止事項を設けていて、違反すると懲役や罰金などの刑事罰の対象となったり、業者登録の取り消しや営業停止などの行政処分を受けることになります。

 

禁止されている主な内容は、第1に債務者が恐怖を感じるような取り立てです。大声を出したり乱暴な言葉遣いをすることは禁止ですし、多人数で押し掛けたり、暴力的な態度をとることも禁止されています。
第2に、債務者の私生活の平穏を乱すような取り立てです。1日に何度も電話をしたり、家を何度も訪問したりはできませんし、早朝や夜の時間の取立ても禁止されています。具体的には午後9時から午前8時に電話や訪問を行うことの禁止です。また、近所の人に知られるような取り立て、例えば戸口で大声を出したり張り紙をしたりしてはいけませんし、会社への訪問も禁止されています。
第3に、債務者と保証人以外の人間への取り立てです。保証人になっていなければ、親兄弟といえども返済義務はありません。そういった家族などに返済義務があるかのようなことを言って督促を行う悪質な業者も以前は多かったそうです。
もしこれらに違反した取り立てを受けたら、金融庁の金融サービス利用者相談室や、日本貸金業協会の電話相談窓口に連絡しましょう。
ただし、違法なヤミ金融は取り立てのルールも守りません。そういった業者からはお金を借りないようにしましょう。

 

脚痩せエステの効果
エステの脚痩せで美脚になろう♪