借金が過払いなら不当利得返還訴訟を

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金が過払いなら不当利得返還訴訟を

消費者金融業者などがお金を貸す時には、返済時に利息を取ることができます。この時の金利は業者が自由に決められますが、上限は法律で制限されています。それが利息制限法です。
この利息制限法で決められた上限金利(借りた金額によっても異なるが15〜20%)を超えた利息は、本来は元金の返済にあてられなければいけません。そして、その結果、元金を完済してもまだ払った金額の方が多い場合は、そのお金(=過払い金)は違法な不当利得として、返還を求めることができます。
この過去の過払い金については、貸金業法や利息制限法の改正によって、債務者に返還されることが増え、任意整理として業者と直接交渉することで、戻ってくることが増えました。ところが、のらりくらりと言い逃れをして返還に応じてくれない業者も中にはいます。そういう時に不当利得返還訴訟を起こして、過払い金の返還を求めます。
弁護士や司法書士に依頼すると簡単に手続きができますが、訴訟の中では比較的面倒でないため、自分で手続きを行う人もいます。
その場合には、業者に取引履歴の開示手続きをとって、取引履歴の明細を送ってもらいましょう。取引履歴が届いたら、利息制限法による正しい金利で引き直し計算を行い、過払い金額を算出します。
過払い金があるようなら、訴状を作成して、管轄の裁判所の民事窓口に提出します。管轄の裁判所については契約書に記載がありますが、基本的には借金をした業者の支店のある地域です。過払い金額が140万円以下なら簡易裁判所、140万円を超えていれば地方裁判所で申し立てをします。必要な書類や訴状については、申し立てを行う裁判所に聞くと、丁寧に教えてくれるので、わからないことは質問しましょう。

 

葉酸サプリメントの効果
葉酸サプリメントの気になる効果について