借金返済ができないときの自己破産とは

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済ができないときの自己破産とは

借金返済が難しくなって債務整理をする人は少なくありません。債務整理の方法には任意整理や特定調停などいろいろな方法がありますが、借金の額が多すぎる、そもそも収入が無くなってしまったというような状況なら、自己破産をするのが良いかもしれません。
自己破産の申し立てをすると、同時に免責の申し立てをしたことになります。よく自己破産をすると借金がゼロになるといわれますが、正確には自己破産をして免責許可がされると、借金の返済が免除されるのです。免責はほとんどの場合に認められますが、借金の理由がギャンブルだったり、最初から借金を返済する気がないような悪質な態度だったりすれば、免責が認められないこともあります。
借金を返さなくてもよくなる代わりに、自己破産をすると、一定以上の財産は放棄して返済にあてなければなりません。具体的には自宅や99万円以上の現金、20万円以上の預貯金、株券、自家用車などです。また、保険を解約して、解約返戻金を返済にまわすケースもあります。
自己破産をする場合は、地方裁判所に申し立てを行います。自己破産をした場合、官報に載りますが、通常は会社や近所の人に知られることはありません。ですが、財産を失う以外にも一部の職業につけなくなるなどのデメリットはありますので、自己破産するかどうかはよく考えて決めなければいけません。自分が自己破産したほうがよいのか、また免責は許可されるのかどうかについては、法律の専門家に相談するとよいでしょう。弁護士や司法書士の開く無料の相談会などを訪ねてみてください。

 

ブルーベリーサプリメントの効果や情報
ブルーベリーサプリメントの効果と人気ランキング!